小樽観光案内

おすすめサイクリングコース

満足度 No.1!祝津(しゅくつ)・高島方面

当店から、自転車でぷらり25分。とてもきれいな海が、あなたを待っています。道はすべて平坦で、快適なサイクリングコースです。祝津の高島岬からは、お天気がいいと札幌のJRタワーや海の向こうに島が見えます。

祝津には、おたる水族館や遊園地、にしん御殿(2004年の台風18号で屋根が飛びました。'05夏修復完了。うちの屋根も飛んだ!ヒェ~っ)もあります。

観光おすすめスポット

出発前に地図をお渡ししてご説明いたします。

観光

  • 小樽運河クルーズをはじめ、青の洞窟、サンセット、周遊クルーズなど、小樽ではいろいろな船の乗船が楽しめます
  • 今も昔の面影が残る、静かなセピア色の北運河めぐり(穴場です!)
  • 海いっぱいコース(高島・祝津方面/海水浴もできる)、 にしん御殿・水族館・遊園地もあるよ
  • 海を見ながら大展望風呂や、近くに温泉もあるよ(自転車で15分)
  • 歴史建造物めぐり(明治・大正時代の建物や、重要文化財もいっぱい)
  • 手宮洞窟 古代文字 見学(なかにし礼作詞 石狩挽歌 にも登場)
  • 小樽地酒 仕込み酒蔵 見学(試飲もできる・・・おいしい!)
  • 小樽市総合博物館(鉄道・乗り物・機械が好きな人には、もうたまらない!)
  • 石原裕次郎記念館 2017年8月閉館 (裕次郎の父は、山下汽船の元小樽支店長。裕次郎の小学校時代、石原一家は小樽に住んでいたのです)
  • 文学碑めぐり(石川啄木・小林多喜二・伊藤整)
  • 映画ロケ地めぐり(Love Letter・NANA・最終兵器彼女ほか)
  • ライトアップ建造物めぐり
  • 天狗山・旭展望台登頂
  • PCゲームソフト「北へ」めぐり

グルメ

  • 食事(ラーメン、ジンギスカン、あんかけ焼きそば、寿司、若鳥からあげ、かまぼこ、カニ、イタリアン etc)
  • スイーツ(ケーキ、だんご、もち etc)
  • 酒(地ビール、地酒、小樽ワイン etc)

体験

  • 手作り体験コース(ガラス作り・オルゴール作り・織りもの・陶芸・木彫り)
  • 釣り(釣りのポイントや釣具店もすぐあります)

ショッピング

  • 市場めぐり(お得な朝市、併設のおいしい食堂もあり!)
  • 買い物コース(スイーツ・ケーキ・ガラス・オルゴール・海産物・北海道土産)

小樽運河 豆知識

小樽運河は、大正時代に完成した港湾施設です(1914年着工~1923年完成)。戦前までは大いに活躍した運河ですが、高度経済成長期の波に乗って増幅した車社会にとって、特に利用価値のない運河は、負の遺産として、その当時の小樽市や行政サイドは考えていました。(現在は、貴重な歴史建造物として、市民・小樽市・北海道などが一体になり、維持・保存しています)

その本来の役目を失った運河の「保存か、埋め立てか」をめぐって、「運河論争」が起こりました。十数年にもわたり、市を二分し、全国をも巻き込んだ論争に発展し、運河埋め立て推進の行政側(その当時)と、運河保存の市民運動の末、生き延びた姿が今の小樽運河です。

しかし、今私たちが見ている運河は、1986年(昭和61年)に、一部埋め立てられた運河です。
運河保存・埋め立ての論争の末、全長1140mの運河の北の部分は、昔のままと同じ幅40mでそのまま保存。南部分は、もともと40m幅の運河の半分を道路建設ために埋め立て、残りの20mが運河として残りました。

ほとんどの観光客の方が見られる運河は、幅の半分が埋め立てられてしまった運河です。ぜひ昔の面影が今も残っているセピア色の北運河を、訪れてみてください。 国の重要文化財に指定されている、旧日本郵船や小樽市総合博物館もあります。大正時代の風がふく運河を、発見できることでしょう。